投与換算表シミュレーターはこちら

Clinical Information

HOME>Clinical Information>Case Report Vol.1

紹介する症例は臨床症例の一部であり、全ての症例で同様の結果を示すものではありません。

抗凝固療法中の患者は常に出血のリスクを抱えている。近年は直接作用型経口抗凝固薬(direct oral anticoagulants: DOAC)投与例も増えているが、ビタミンK拮抗薬の投与が必須とされている症例も少なからず存在する。 本コンテンツでは、乾燥濃縮人プロトロンビン複合体製剤(4F-PCC)を使用した様々な症例を報告します。

Case Report

重大な出血が予想される手術・処置症例

Vol.1

「ビタミンK拮抗薬療法中の脳内出血に乾燥濃縮人プロトロンビン複合体製剤を使用した1例」

国立病院機構 九州医療センター 脳血管センター 部長
矢坂 正弘 先生

ToTop

ToTop

ケイセントラ®医療関係者向け情報

医療関係者の皆様へ

この「医療関係者向け情報」のページでは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために、国内の医療関係者の方を対象に、弊社の医療用医薬品情報を提供しています。
一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。