投与換算表シミュレーターはこちら

使用方法

HOME>ケイセントラ®の使用方法

ケイセントラ®には専用の溶解器が添付してあり、薬剤の調製が容易です。
また、凝固因子を高濃度で含有しているため総投与量を抑えることができます。

患者の選択

ケイセントラ®の使用方法

ケイセントラ®
投与量換算シミュレーター
換算表をご覧いただく場合はこちら

ケイセントラ投与においては、適切な投与量および投与速度を設定いただくことが重要です。本シミュレーターでは、患者さんの「PT-INR」と「体重」から、「必要用量」「必要溶液量」「最大流量設定」「最短投与時間」を算出することができます。用量設定時のサポートツールとして、ご活用ください。

入力項目

PT-INRを選択

体重入力

Kg

※小数点以下切り捨て

使用上の注意を確認の上、ご利用ください。

換算シミュレーション結果

必要用量

IU

必要溶液量

mL

最大流量設定

mL/h

最短投与時間

最大流量設定値以下の速度設定をお願いします

【注意】注入速度:
70kg未満の場合:
各体重あたりの最大流量設定値(3 IU/kg/分)以下で投与
70kg以上の場合:
最大注入速度値(210 IU/分)以下で投与

医療機器の詳細な使用方法については、各製品の添付文書をご確認ください。

<ケイセントラ®の用法及び用量に関連する使用上の注意>
本剤の投与を受ける患者には、ビタミンK製剤の併用を考慮すること。

運用上の注意

(1)調製時:

1)
添付の溶剤以外は使用しないこと。
2)
他の製剤と混合しないこと。
3)
使用後の残液は細菌汚染のおそれがあるので使用しないこと。
4)
「ケイセントラ静注用 500/1000の使用方法」に従い調整を行うこと。

(2)投与時:

1)
注入速度は3 IU/kg/分以下とし、210 IU/分を超えないこと。
(臨床試験において検討されていないため。)
2)
他の製剤との混注を避けること。
3)
本剤は溶解後ただちに使用すること。
4)
不要物又は混濁が認められるものは使用しないこと。
詳細換算表
1kg毎
5kg毎
10kg毎

溶解方法
動画で溶解方法をご覧いただく場合はこちら

留意点

溶解のポイント

溶解の手順

ケイセントラ® 溶解方法

ケイセントラ® 溶解方法

ケイセントラ®の溶解方法を動画で説明しています。

ToTop

ToTop

ケイセントラ®医療関係者向け情報

医療関係者の皆様へ

この「医療関係者向け情報」のページでは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために、国内の医療関係者の方を対象に、弊社の医療用医薬品情報を提供しています。
一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。