投与換算表シミュレーターはこちら

ウイルス感染対策

HOME>ケイセントラ®の製品情報>ウイルス感染対策

原料血漿はHBs抗原、抗HCV抗体、抗HIV-1抗体及び抗HIV-2抗体について陰性であることを確認しています。プールした試験血漿はHIV-1、HBV、HCVおよびHAVについては核酸増幅検査(NAT)を実施し、検出限界以下であることを確認しています。また、ヒトパルボウイルスB19についてもNATを実施、一定の基準に適合した血漿を用いています。さらに、ウイルス不活化・除去を目的とした製造工程が組み込まれています。

ケイセントラ®の製造工程には、
ウイルス不活化・除去を目的とした工程が組み込まれています

本製剤の製造工程

ケイセントラ®の製造工程には、ウイルス不活化・除去を目的とした工程が組み込まれています

ケイセントラ®添付文書2017年9月改訂(第2版)より

ToTop

ToTop

ケイセントラ®医療関係者向け情報

医療関係者の皆様へ

この「医療関係者向け情報」のページでは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために、国内の医療関係者の方を対象に、弊社の医療用医薬品情報を提供しています。
一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。